マッサージバーを使用したハンドケア

自分の手のマッサージバーを溶かし、相手の腕に滑らせていきます。手の甲までいたらゆっくりと戻り、手の内側、手の平までゆっくりと滑らせていきます。そのままマッサージオイルを滑らせて生きますが、なじませるときはおでこの熱を測るような強さで行っていきます。

親指と残りの4本の指で挟みこむように肘までゆっくりと伸ばしていきます。手首の関節の間を円を書くようにゆっくりとほぐしていきます。

指と指の間にたまりやすい疲れを流していき、水かきの方に流していくことがポイントです。脳が疲れやすい人には、親指と人差し指の間をゆっくりと3秒間おしてかき出します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事